人気インスタグラマーに聞く!多頭撮影のコツとは?

Catch image

人気のインスタグラマーさんにネコちゃんの撮り方のコツを教えてもらうこの連載、今回は多頭撮影のコツについて、ネコちゃん2匹の飼い主、中谷さんに伺いました!

Head fish

飼い主さんのプロフィール

Image1

中谷さん(Instagramアカウント名:@muffin_the_munchkin)
ネコちゃん:マフィンちゃん(マンチカン)3歳、チーズちゃん(セルカークレックス)2歳
Instagramフォロワー数:約120,000人(2020年12月現在)

Image2

<仲良くくっついてこちらを見つめるマフィンちゃん(左)とチーズちゃん(右)>

――2匹が仲良くくっついてこちらを見ている写真は、どうやって撮影されていますか?

テーブルの上など、スペースが限られたところだとネコ同士がくっつきやすいです。あとはカメラを気にしないように、ほかに何か夢中になるものを見せると、目線をこちらに向けてくれますよ。

――撮影したいタイミングに、ネコちゃんがほかのことに夢中になっていたらどうすればいいですか?

基本的にふたりがのんびりしている時に写真を撮るので、特にコツはないのですが、何かに夢中になっているのなら、それはそれでシャッターチャンスですよね。こちらを向いていなくても、自然で良い写真が撮れそうです。

Image3

<お互いに顔を寄せ合う様子>

――どちらか片方だけが写真に写ってくれないという場合、どうしていますか?

うちの場合は、私がどちらか一方と仲良くすると必ずもう一方もそこに参加したがるので、必ずふたりは揃いますね。

――多頭撮影ならではの面白さは何ですか?

ネコたちの表情が豊かになることです。飼い主に向けての顔ではなく、ネコがネコを見る顔になるので、そうした表情を写真に残すことができるのは面白いです。

Image4

<2匹が同時にネコパンチ>

――多頭撮影がうまくできないという人にアドバイスをお願いします。

テーブルなど狭い場所で撮らないと、なかなか同じフレームには入らないですよね。そういう撮影場所を設けて、ひとりずつでいいので、その場に慣れさせてあげるといいと思います。

「ネコがネコを見る顔になる」という中谷さんの言葉がとても印象的でした。多頭飼いの飼い主さんたちは、ぜひそういったネコちゃんの表情を写真に残してみてくださいね!

今回で、中谷さんへのインタビューは最後です。

Head fish

マフィンちゃんとチーズちゃんも掲載されている「#ふわもこ部」

Image5

●本の紹介●
『#ふわもこ部』https://www.wani.co.jp/event.php?id=5633(税込972 円/ワニブックス)

Instagramで人気を集めるさまざまな動物たちの投稿写真が紹介されている写真集。今回お話を聞いた中谷さんの飼い猫、マフィンちゃんとチーズちゃんも掲載されています。ぜひチェックしてみてくださいね。


※2018年12月13日 配信記事再掲(フォロワー数のみ現時点の数字に更新)

ペット手帳に登録すると
年齢や季節に合わせた専門家のアドバイスが届きます